一般財団法人 日本リトルシニア中学硬式野球協会 関東連盟 東東京支部所属

 

 

 

【体験練習からのご質問 Q&A】

 

 

 

  Q   シニアリーグ(硬式野球)って、軟式野球よりお金がかかると聞きましたが・・? 

 

A  会費として月々¥8500をご負担していただいております (うち¥500は車両費)。

 

    チーム運営に関するボールなどの用具設備代、  グランド使用料、遠征試合などの交通費他含んで

    おります。

 

    別途としては、入会時の入会金¥5000と、スポーツ保険料・連盟登録料があります。

 

    軟式野球(中学部活・クラブチームなど)でも購入する、練習用ユニホーム・試合用ユニフォーム・

    帽子・チームバッグ・ウィンドブレーカー・グランドコートなど、チーム指定の用品は、適宜ご購入

    していただきます。

   

    スパイクは金具使用の黒一色・トレーニングシューズは白一色で統一されていますが、メーカーは

    問いません。

 

    その他、グローブなどは壊れるまで軟式のもので十分ですし、バットも初めはチームの物を使用して

    下さい。

 

    購入時期などは、いつでもスタッフにご相談下さい。

 

 

 

 

   Q   合宿は何回あり、どれぐらいかかるのですか・・?   

 

A   合宿は、5月と8月の年2回あります。おおよその目安ですが、5月に2泊3日 ¥28,000・8月に3泊4日

     ¥38,000 位です。

 

     ただ合宿に関しましても、軟式野球(中学部活・クラブチームなど)でもかかりますので、あまり

     変わらないと思います。

 

 

 

 

   Q   親当番があり、大変だと聞きましたが・・?   

 

A   選手とスタッフの世話をする、当番を2〜3人/1組でお願いしています。 周期としましては部員数

     にもよりますが、だいたい1ヵ月に1回程度、 朝から最後まで1日居ていただいています。

 

     これは、選手やスタッフの給水だけではなく、選手の怪我や体調不良の世話、そして何よりも子供達

     が頑張っている姿を、実際に見て、感じていただきたく、当番をしていただいております。

 

     なるべく負担のないよう調整しながら組んでいるので、ご安心下さい。

 

     現役のご父兄の方々は、ご父兄同士の交流やスタッフとのコミュニケーションの場としても利用して

     いるようです。

 

     当番費(ドリンクや雑貨を購入するための費用)を年2回程度(¥1000〜2000位/回)を回収させて

     いただいております。

 

 

   Q   お弁当の量がすごいと聞きましたが・・? 

 

 A よりしっかりとした強くて大きな体を作ることを目的に、お弁当の量はある程度指定しています。

練習日はお弁当2合飯、OP戦や公式戦の時はいつでも食事がとりやすいようにおにぎりを3個と

指定しています。

ただ、重さを計ったり、初めから無理に食べさせたり、食事が終わるまで練習させない、などという

ことはありません。

食の細いお子さんは始め少し苦労する子もいますが、徐々にたくさん食べれるようになっていき

ます。

できるだけ指定量を食べれるように、ご家庭でも配慮していただけたらと思います。

春に入団し、夏頃までには、ほぼ全員指定量食べれるようになります。

高校野球では、さらにたくさんの量を食べているとも聞きますので、その時に苦労しないためにも

量をたくさん食べる練習も兼ねています。

 

 

 

   Q   学校がある日は、どうすればよいでしょうか・・?   

 

 

A   学業優先です。学校がある場合は、学校を優先して下さい。

 

     練習の欠席があらかじめ分かっている時は、事前に監督・キャプテンにお知らせ下さい。

 

     下校後、練習に来ることが可能な時は、途中からでも参加できますが、事前に監督・キャプテンに

     お知らせ下さい。